mjollna.org

テリー

その覆って田舎単調灰色世界化していた。
なぜだか、理由からないけれどきたくなるようなだった。
っていて、高速道路ぎていくていた。タールのベッドの金属みたいだった。はそれがきらいなので、みたかったが、えてしなかった。
最後無気力われた。ってから、ジーンズのしわをばした。今回はほとんどそれをしかかったが、でもいつものように出来なかった。 きすぎるのかもしれない・・・ただいだけかもしれない。

がひとつ。そしてふたつとちる。のかわいそうな生命卑怯振舞のためにいていたので、にはすことが必要ではないとった。
まれたから、てが失敗きだった。せるり、といざこざがあった。性格障害のテリーというあだをつけられた。おさんはそのあだにまあまあ似合うとった。きっと精神病院くだろう、そこでのようなつけるかもしれないとった。
社会適応できない子供、それは学校校長した言葉だった。そして、そのりだった。

「テレズの優秀さは否認出来ません。」とこえました。
「ですが、遺憾ながら全然ここにテレズがれないことをおえたします。かに特別施設にいたほうがいいです。」。もういい。彼はまない言葉のようにした。は、悲惨さに気付いてなかったけど、うんだ。
現実った。らないといけない。きなければ、これ以上心配させないほうがいいのだ。高速道路の土手から、れたに、息苦しいえた。はとてもしいのだけど、によって形付ける万力で、街中では圧迫感じた。ろしいじで、によろいけていると、ほとんどれる距離があった。
めて知能指数子供学校ちた。不安定だといった。爆発する寸前爆弾だったそうだ。すと、きれいなイメージだとう。はそこでくなった。げたかったり、したかったり、「きちがいじゃない!」とびたかったりした。もできなかった。るときに、のせいでさんはずっといてた。

きながら、文明づくのではなくそれらがづいてがした。 この印象はほんとういだった。は、人々が「ない、精神病者る!」といながら、信用しないをじっとがひどい感情だった。そして、いことをするかのように、子供くでびなさいとんだ。あいつらは、もしなかったし、無駄にするようなこともしなかった。らには、未来について、世界らにえることについて、まだきな希望があった。には、らせると、びせるおさんだけがあった。

そしてついに、のニスをったっていた。でもってっていけなかった。ろでてがわったようになる無理希望いかけられていたからかもしれない。そのしいイメージが、いのように、れるのがかったからかもしれない。 突然かがから、玄関もりをがしながら、った。おさん。心配させたことによってすぎたしわがまれた、ぼさぼさの、おさん、信用してくれる唯一までほとんどこえなかった。
「ああ、テリー、びしょれよ!って頂戴。どうしてそんな天気ったの?浴室って、バスタオルでかして。」 かないので、
く!」とけた。
やっと、おさんがったりにするのをめた。彼女のためにいいことをいつもかっている。りながら、階段った。自分部屋て、たちは廊下出会った。彼女正常で、予想外反応をする思春期ではなかった。より二歳い。は、かしら被害こさなかったがなかったから、彼女れんだ。彼女は、きっと最悪邪魔者、ずっとかられない怪物彼女両親てもらえる看做しただろう。この事態彼女しなかった。でものこととじ、しいけど、どうしようもなかった。
かしてから、部屋避難した。息苦しさがえられないようになると、このわれた全住民したいようになると、嫌悪れそうになると、壁紙かに、安心させた。 二時間白昼夢ながら、そのままベッドのにいた。そしておさんは晩御飯って、のところまでってきた。いて、ゆっくりづいた。
「テリー、大丈夫階下たちとべるよりここでべたいんじゃないかとった。」
うなずいて同意した。おさんは、すことがきじゃないのをっている。子供はそれがからなかった。何時間も、かをわせようとした。くなった、そして・・・そして、くにらをしてから、りながらった。で、やりくした大人のようにをひそめながら、いにった先生をついていた。
「テレズ、したことがかってるの?三人仲間ついた。らはテレズとしたり、んだりしたかった。どうしてそんなばしたの?」。
は、らをているとさをじることを説明したかった。しかたなかったんだ、でもすぐに先生った。
行為やんでる?さあ、すみませんといにきなさい、そうすれば大丈夫」。
やか。いいえ、全然やんじゃいなかった。 らのつ、くて無情つきにかうのは、無理努力みたいで、どうしてもには出来なかった。
でも先生からなくて、もっと不幸なことに校長かせた。それでも、クラスにいるのは気持ちがかった。練習は、多数んな遊戯のようにえて、しずつづくことの出来全体複数でした。それぞれのいたがさらにたくさんの興味深問題げかける。とても面白かった。先生賞賛た。一度だけ、はふさわしい場所にいるのをじた。

なしになってしまった!それでもは、今日ももし過去のような事態れれば、じように行動する。
ほほにび、生者世界んだ。おさんはしくめた。一瞬てをれてた。
食卓から、んだ。おさんは、すぐに階下りなければいけなかった。 15秒後一人で、ベッドのりののように、しずつ瞬間安らかさがっていくのをじた。は、容赦なくげていく安心さを、さな努力いかけているようにえた。ああ、やっぱり出来なくて、一瞬じていたしみは浮上した。なんでもいい、かをしないといけなかった。突然びをしてから、半分使ったペンをりながら、った。そして、あなたのにあるいくつかの文章くことにんだ。

あなたのみんなが、をするのだろうかとっていると、確信している。まあ、らかにしなければならない。このかわいそうなわりをらないのは、つかわしくない。 するに、がしてしまう乱暴いも、日々ますますますろしい圧迫感も、きっとてしない。あなたはめたから、意図見抜いたかもしれない。れに、(から)にむことさえも、すぎているようにえる。
は、えられない感情をやっと安心させるわらないりをむしろむ。だから、風呂場んで、睡眠薬んでから、ここにってる。そして、ぐったりれ、ちのめされて、ベッドにむためには、時間しだけ必要です。最終的に。

Twily (トワイリ)、1999年5月20日
翻訳 (仏 --> 日) : Twily (トワイリ)、華奈、2004年2月~5月